創造的な医療を目指して



1.リハビリテーション医療を通じ、創造性に富む優れた資格を
 有する理学療法士を育成する。

2.広く社会に貢献し得る人材を育成する。

3.理学療法士の基礎教育に必要な知識及び技術を教授し、
 その徳性を養い、教育内容の質的向上を目指す。


1.心身共に健康である。
2.本校の教育目標を理解し、自ら積極的に考え行動する学習意欲を持つ人材。
3.学習に必要な基礎学力を有し、他者の為に専門性を身につけようとする意欲の高い人材。
4.広い視野を持ち、他者に対し敬意と思いやりをもって接することができる人材。
5.自分の不足する能力の向上に向けて絶えず努力し続けることができる人材。



1.医療・福祉・介護・地域の各分野に貢献できる知識を習得する。
2.知識だけでなく、即戦力となるために必要な情報を整理し、根拠ある理学療法の実践に結びつけて考え   
  る思考過程能力を身につける。
  また、早期より近隣の病院への臨床体験を図り、他職種の視点に触れると共に、現場からの生の声を
  フィードバックすることで「高い専門教育」を実践する。
3.他学年とのペアやグループワークの機会を設ける。
4.国家試験合格への知識の習得のみならず、低学年からの現場体験を通じて「社会から求められる理学療
  法士」の輩出を目指す。


1.修業年限(4年)以上在籍し、所定の単位数を修得すると共に、以下の能力を身につけ、卒業試験に合格
  した学生に対して卒業の認定および高度専門士の称号を授与する。
2.自らの知識・技術・態度を振り返り、絶えず改善・向上する態度を身につける。
3.地域や社会の変化を察知し、多様化するニーズに対応する能力を身につける。
4.他職種と協働する能力・態度を身につける。
5.豊かな人間性、高いコミュニケーション能力を持ちうる人材。